【最上伝承リレー】「Umuiで食べる」2014.5.25 リポート②お料理編

東京で最上伝承野菜を食べられる。

「mogami-tsumugu」いよいよ始まりました。

image

image

少しずつお客さんが集まりはじめ、

店内のパネルを見ていただいたり、私たちが最上地方の話をしたりしながら、お料理が出来ていくのを待ちます。

image

image

この日、私たちを含め、店内で同じ時間を過ごしたのは15名ほど。

大きなテーブルを囲んで、初対面の人たちもたくさんいました。

それでも、同じ話を聞き同じものを食べて、少しずつ話が弾んでいき、

イベントが終わる頃には和気藹々の雰囲気に。

何かを企画して一番嬉しい瞬間です。

image

雁喰いの豆乳ポタージュ。

優しい甘さでした。おうちでも作ってみたくなります。

image

左から

金持ち豆と昆布の煮物。

雪割菜のナムル。(エゴマと最上赤にんにくがアクセント)+コロッケ。

しめ鯖の勘次郎きゅうり(置き漬け)巻き。

大豆とりんごのサラダ。

image

数種の豆と庄内麩のラザニア。青ばこ豆、雁喰いなど。

image

かぶとくるみ豆のカレー。パクチーがアクセントになっていました。

image

エゴマのケーキ。米粉を使用しています。

もちもちしていて食べ応えがありました。

image

お料理の合間にエミコさんのお話も。

image

みなさんの真剣な顔が印象的です。

普段何気なく食べていたご飯のことを

真剣に考えるきっかけがたくさんあった、気付きを得られた、と

口々におっしゃられていました。

image

今回は、食材を提供してくれた農家さんに、

お客さんがメッセージを書いて渡します。

事前に用意した、豆の形をした手描きのカードを用意しました。

その手作り感も喜んでもらえました。

手作りだということがわかると、メッセージを書くのも楽しい、と。

手間がかかっていることを知ると、誠意で返したくなる。

確実に農家さんまで届けよう!

農家さんの喜ぶ顔が目に浮かび、私たちも嬉しくなりました。

image

イベント後のワンショットです。

エミコさん夫婦、私たち。撮ってくれたのは参加者の女性。

(このページのお料理写真も、ほとんどお借りしました!)

写真にはこの4人だけですが、

お客さんの中でも何人もがイベント後も残って

それぞれの地域の食べ物、お料理について話が弾みました。

ここに農家さんを連れてこられたら最高ですね!

野菜を作ってくれた農家さん。

お料理をしてくれたエミコさん。

食べてくれたお客さん。

企画をした私たち。

全てが丸く輪になっていい関係を築けた、いいイベントになりました。

参加してくれた方も、

機会があったらぜひ最上に行きたい!と言ってくれました。

そんな交流がうまれたら本当に素敵ですね。

それが実現したら、農家さんのところに一緒に遊びに行きたいです。

photo by ナマダ http://namabolic.exblog.jp/

<参考>http://moginfo.jp/archives/140

Bookmark this on Google Bookmarks