もがみのごはん【もがめし】vol.15~立冬~

もう立冬なんですね。

昨日見かけた消雪道路の試運転や

完成されていくそがきが

冬を迎えるこの街の臨戦体制を現しているようです。

 

この時季産直へ行くと、少なくなった里芋の代わりに

きのこがずら~っと並んでいます。

新庄・最上のきのこをたっぷり使って体の温まるものを考えました。

特にメインは天然のなめこ!

風味が強く食べごたえもあります。

 

先日のキトキトマルシェも今年最後

賄いで「きのこのみぞれ汁」を作りました

高校生ときれいなお姉さんが握ってくれた

おむすび付きで笑

受け継がれる想いと握りの技術。。

 

12242205_860371467403920_2146265395_n

1.鍋にたっぷりの水と昆布を入れ一晩。

  火にかけ鰹でも出汁を引いておきます。

  千切りの生姜と酒を入れ、お好みのきのこを。

  今回はなめこ、しめじ、椎茸、もだつ。

2.ある程度火が通ったら

  豚バラや肩ロースなんかの薄切りや小間肉を入れ

  カブの葉っぱも加え軽く煮込みます。

3.ここで一度味を調えます。

  塩・醤油・みりんで濃いめにしておきます。

  塩と醤油のバランスを変えると全然違う味わいになります。

4.みぞれは大根おろしで表現することが多いですが

  今回はカブの甘みが欲しくて、カブを皮ごとおろしました。

  鍋に加えたらもう一度味を見て完成です。

12270327_860371460737254_1721606174_n

生姜を多めに入れた出汁に、なめこのとろみが溶け出し

カブのみぞれと合わさって体ぽかぽかですよ。

お好みで食べるときに唐辛子を入れても。

未来の体は今日のごはんで出来ています。

皆が元気に冬を迎えられますように。

12242305_860371464070587_110870663_n

Bookmark this on Google Bookmarks

カテゴリー  もがめし イベント