【3/26】森林と、みどりある暮らしを次世代に継承していくためのセミナー

17349992_1885226991759855_2483556124025016502_o

エネルギーのことって、ちょっと知りたいけれど「むずかしそう!」

ってイメージのまま、なかなか前に踏み出せないでいませんか?

エネルギーの観点から見ると

山形県の中でも、最上地域は 森林率の高いエネルギー資源に恵まれた土地なのですよ♪

そんな地域で、もっとエネルギーについて知れる機会があります!

日 時■ 2017年3月26日(日)13:30~15:30

場 所■新庄市文化会館(第1練習室)

〒996-0085 山形県新庄市堀端町4番67号  TEL:0233-22-7029 FAX:0233-22-9615

 

  • 講師によるセミナー

もがみ自然エネルギー株式会社が建設した、飛田太陽光発電所が稼働して1年が経過。
日照時間が日本で一番短い自治体新庄市で挑戦した太陽光発電所の実績について分析し、今後の再生可能エネルギーの在り方や、市民としての関わり方を学びます。またモリノミクスを掲げる山形県での木質バイオマスの普及活動を確認し、家庭レヴェル、個人レヴェルで取り組める再生可能エネルギーへの貢献方法を探ります。

  • 現場調査

勉強会後には、もがみ自然エネルギー株式会社の飛田太陽光発電所の見学も行い、設置後の動向を確認します。

 

講師:浦井 彰 – akira urai

1957年福島県福島市生まれ。大学院卒業まで東京で育ち、大手電機企業に26年間勤務。退社後環境エネルギー分野に転身。現在仙台市民。東京の環境エネルギー政策研究所で地域再生可能エネルギー事業の構築支援業務を行いながら、東北の地域再生可能エネルギー普及に注力中。また「エネシフみやぎ」代表として、宮城県での自然エネルギー普及も進めている。

 

主催:申込:お問い合わせ

もがみ自然エネルギー株式会社  担当:栗田
tel&fax: 0233-22-0201   Mail :kurita@mogaene.com

Bookmark this on Google Bookmarks