第7回 雪調に学ぶ講座 ー東北のてしごと、最上のてしごとー

最上地域にきて、雪国の暮らしから
本当の意味の 貧しさ や 豊かさ を考えるようになりました。

今よりも情報もなく、今のような テレビ や 娯楽がない中で
毎日を淡々と過ごし、人々は「生活」の当たり前の行動 1つ1つに楽しみを見出してきました。

 

時代が変われば、暮らし方も変わるもの

雪調に学ぶ講座 は

今の「雪の里情報センター」が「雪害調査研究所」と呼ばれていた頃にしていた『雪国の人たちの生活調査・生活改善プログラム』を現代の私たちの生活にも活かせないか、という想いから始まった、有志の勉強会です。

17156049_1201047303326674_8798615880556167302_n

雪調(積雪地方農村経済調査所(昭和8年~22年、現「雪の里情報館」)の遺産を次世代に引き継ごうと始まったこの講座も7年目をむかえました。
今回は、雪調でおこなわれた農家の副業収入としての「民芸の活用」を振り返り、てしごとの 現在とこれからについて考えてみたいと思います。最上に足元をさだめ、地域にねざした活動をしている若き二人の工人を迎えて「土着の美」について熱く語ってもらいます。

日時:平成29年3月25日(土)PM13:30~21:00
場所:新庄市「山屋セミナーハウス」(学習会・交流会・宿泊)
   新庄市金沢3036‐2 電話0233‐22‐3527

内容:
 (1) 報告と提案  (13:45~14:30)
    

  • ぺリアンの「寝椅子」の復元経過について
         (星川一宏氏・コミューンあおむし)
  • 工房ストローの一年
    (高橋伸一氏・工房ストロー主宰)
  • 舟形焼きと長沢和紙
    (金寛美氏・舟形焼わかあゆ薫風窯)
  • 大江町での青苧の取り組み
    (米澤里奈氏・大江町地域おこし協力隊)


(2) 講演     (14:30~15:30)

◆「てしごと―過去から未来へつなぐ」
(結城登美雄氏・民俗研究家)

(3) 対談     (15:30~17:00)

◆「てしごとは、最上にあり」
(結城登美雄氏、高橋伸一氏、金寛美氏)

(4) 俺にも言わせろコーナー(17:00~17:30)
(アルコールが入る前にこれだけは言いたい)

(5) 交流会 (18:30~21:00)

参加費:学習会(1000円)・交流会(2500円)
・宿泊(朝食付2000円)

主 催:ネットワーク農縁

共 催:最上元気研究所・雪調アカデミア準備会
・ゆかいな勉強会

協 賛:手仕事フォーラム・はちべえの森山林資源
開発研究所

申 込:ネットワーク農縁・佐藤恵一まで。
電話・fax0233-29-2085
携帯090-4477-2013

Email:kamuro1365@white.plala.or.jp
※3月20日頃まで申し込みをお願いします。

Bookmark this on Google Bookmarks

カテゴリー