さなぶり

さなぶり お餅

 

「さなぶり」とは、

無事に田植えが終わり、今年の豊穣を祈願する伝統行事のことです。

今日は新庄市で「さわのはな」を育てている吉野さん宅で

さなぶりのお祝いに招いていただきました。

実は田植えのお手伝いをしたご縁なのですが、

お手伝いしたのはたった一日なので、申し訳ないくらいです。

お餅、お餅、お餅!!(嬉しい)

お餅
(あんこ・ごま・くるみ・ずんだ・納豆・お雑煮)

大根とにぼしの味噌汁

旬の野菜・山菜

(わらび・ささぎ・おかひじき・お漬け物・昆布炒り)

 

実は私の自宅でも(農家ではないのですが)

田植えのあとと稲刈りのあとの時期に同じようなお祝いをします。

並ぶメニューはほぼ同じです。

最上地方では一般的な風習なのですね。

特に農家さんのお宅では必ず行うのではないでしょうか。

同じメニューでも味付けや具や盛りつけが異なり、それがまた面白い!!

そのおうちの歴史を感じます。

美味しくて食べすぎました。

 

お餅

 

お餅は杵と臼でつかれたものです。写真は、お料理を作ってくれたお母さん。

食べやすい大きさにちぎっていきます。

手早くて、この写真以外は残像現象になっていました(笑)

次回は昔ながらの餅つき映像も撮れるといいな!

 

あと、写真にはありませんが、このお餅は大黒さまにお供えされます。

仏壇・神棚にお供えされるのは一般的ですが、

最上地方では12月の「大黒様の嫁取り」という風習も残っている家があり

そちらも面白い行事なのでいずれ取り上げられたらと思います。

 

おじま

Bookmark this on Google Bookmarks

カテゴリー