Vibeat vol.3 〜童心にかえろう! @谷口がっこそば

Hi♪

金色の野が広がる新庄・最上地域
あ〜すっかり秋ですねん*

さてさて。
新庄地域おこし協力隊は、新庄だけでなく、最上郡内の地域おこし協力隊が連携しています。仲良し!

来たる、今週末 9月23日(土)は
『 Vibeat vol.3 〜童心にかえろう! 〜 谷口がっこそば
http://www.facebook.com/events/1828014430842356/

ですよ*

谷口がっこそば
平成8年に金山小学校谷口分校が110年の歴史を閉じることになり、有志で結成した谷口分校運営委員会が「四季の学校・谷口」を平成9年に設立。分校を核とした農業・農村体験による都市との交流を図るための農村体験学校「四季の学校・谷口」と地元産物を活用した「谷口がっこそば」を開店しました。
〜〜〜
平成17年にはNPO法人化、平成21年3月には「よみがえる廃校・全国サミット」を開催。平成15年には「豊かなむらづくり優良事例」として農林水産大臣賞、平成16年には内開府の「立ち上がる農山漁村」全国30例に選ばれた。ほか多数受賞しています。
〜〜〜
と、廃校利用の先駆けとも言われる場所でした。
味自慢のそばに加え、懐かしい木造校舎の雰囲気も人気を集め、山形県内外から多くの客でにぎわいましたが、今年2月、担い手の高齢化などで休止せざるを得なくなりました。

が今年の4月、若者らで組織する企業組合が経営主体となって再オープン!今年の3月まで金山町で地域おこし協力隊員を務めていた菅谷くんと現役の協力隊員らを誘って「ボックス地域おこし企業組合」を設立し、今、経営を担っています。

 調理や接客には以前から働く地元の7人も加わる。そば打ち担当の加藤トキ子さん(77)は「20年も続けた活動が終わってしまうのが寂しかった。引き継ぐ人がいて本当にうれしい」と笑顔を見せた。
〜〜〜

これって、すごいことだと思います*
場所は違えど、同じ地域おこし協力隊の活躍

当日のスケジュールなどはこちら!子供から大人まで楽しめる1日になりそうです!

こういう形でまた応援できることを嬉しく思いながら
当日は、私も楽しむつもりです〜♪

yuumin

Bookmark this on Google Bookmarks

カテゴリー