1月 26日 アメリカ版地域支援型農業から見る、これからの地域農業

最上地域の農家さんは、本当に勉強熱心*

ゴサロを会場にして、冬季セミナーを開催するそうです!

テーマは『アメリカ版地域支援型農業』

CSAってなに?
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
CSAは、生産者が消費者から特定の生産物の発注を前払いの形で受けてから作付をすることで、計画的な生産と収入の安定化を図る、新たな農業の仕組みです。

一般的に、農業は、収穫の時期や量、価格動向、また天候などの外的要因によって大きく影響を受けます。CSAでは、そのリスクについても、消費者から同意を得た上で売買契約を結ぶことになります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

講師に、門田 一徳さん(河北新報報道部記者)をお迎えして
報道の視点から、またアメリカでCSAを調査取材した方から見るこれからの地域農業の可能性を話し合いましょう*

 

* 日時
 2018年1月26日 18:00~ 
* 開催場所
 新庄 GOSALOn/ゴサロ(山形県新庄市沖の町4-3)
*参加費 500円
*定 員 10名程度
*主 催 最上地域有機農業者協議会(石井)

Bookmark this on Google Bookmarks

カテゴリー  イベント