9月 15日 音楽のくらし -オレのブルースを聴け-

遊郭街だった万場町に伝わってきた歌
『間がいいソング』元祖新庄ブルースを
佐々木酒店のしんちゃんが口伝で受け継ぎ
現代のアーティストが一夜限りの復活演奏をします。

当日しんちゃんは隠明寺凧のイベントで来れませんが、
現代のアーティスト達が練習を重ねています。

そして、東京から遊び心満載
ワクワクドキドキなお二方がきます!

一夜限りのこの機会をお見逃しなく*
ーーーーーーーーーーーーーー
2018年 9月15日(土)
会場 18:30-
開演 19:00-
入場料:2.000円(ワンドリンク付)
定員:25名

ゲストアーティスト
 池田社長 x ぬまのひろし
 小田晃生 x 木下ようすけ 
ーーーーーーーーーーーーーー
申込方法
メール
①氏名 ②人数 を記載の上
mogami.kurashi@gmail.com まで申し込み

または、下記のフォームにてお申し込みをお願いいたします。
https://goo.gl/G8bCuH

ーーーーーーーーーーーーーー
ゲストプロフィール

●池田社長(いけだしゃちょう)
入場料、アーティストの出演料が野菜(食材)のイベント、ギブミーベジタブル主宰。2010年から現在まで全国各地にて60回ほど開催している。また大阪新世界にて奇祭「セルフ祭」を興し、その繋がりで新世界のシャッター商店街にてイマジネーション・ピカスペースという飲み屋兼アートスペースをオープンする。様々な活動が評価され2014年、環境省、一般社団法人ロハスクラブ主催「ロハスデザイン大賞2014」のヒト部門にノミネート。DJ EROCHEMISTとしても活動し、お祭りパンクバンド「池田社長&音頭”」もやる。また、アダルトトークイベント「アダルトタイム」を不定期開催。2016年より大阪の民謡、河内音頭日乃出会に入門し、日乃出家寅次郎として奈良の東大寺をはじめとする関西地方の数々の祭りの櫓にて演奏をする。

●ぬまのひろし(無職)
1983年、新庄市生まれ。貧困などをテーマにした「持たざる者のためのデザイン」を標榜し実践。ルンペンズとして活動。新庄を拠点に〝カナリヤ″活動を各方面で繰り広げる。ぬまのひろし音楽教室・民族楽器などを多様し子供から大人まで音楽の素晴らしさを教えてくれます。

●小田晃生(おだ こうせい)
音楽家。作詞作曲と歌、演奏楽器は主にギター、パーカッションなど。 2006年頃よりギター弾き語りを中心としたソロでの活動を始める。些細な物や出来事をモチーフにした、虫眼鏡な作品づくりが十八番。 また、作詞から発展した言葉遊び「オリジナル早口言葉」を様々な形で披露している。 ソロ以外には「COINN」「ロバート・バーロー」など、子どもたちへ向けた創作活動を行うグループにメンバーとして所属。 そのほか、ギターレッスン講師、映像作品の音楽制作や出演、ナレーションなども務める。http://www.odakohsey.com/

●木下ようすけ (きのしたようすけ)
炭水化物をこよなく愛するイラストレーターとして、雑誌・Web・フライヤー・CDジャケット・CM映像等、様々な媒体でるんるん活動中。傍ら、ミュージシャンの松本野々歩、田中馨、小田晃生、ダンサー振付師のいづみれいなとの5人グループ 「ロバートバーロー」として、小学生以上の「あそびの教室」を主催、公演などを行う。またサポートとして小田晃生・小島ケイタニーラブ等のミュージシャンでドラムを時々叩く。3つ覚えて10個忘れて一歩が遅い。 http://yousukekinoshita.com/

Bookmark this on Google Bookmarks

カテゴリー