11/17(土)神田山緑『講談のくらし』   新国亭 x のくらし

 

– 花の街・万場町 –

万場町はよろずの生業があったとされる商店街。
江戸~昭和初期には新庄いち華やかな処と言われ、
おしゃれが集まる町ではきらびやかな仕立ての着物、
流行りの小唄や音楽。そして、喫茶が流行りました。

その1本裏通りの桜馬場にある
『新国亭』
昔は寄席だったようで
「亭」という字にその名残を感じさせられます。

そんな場所に

東京から講談師 神田山緑(かんださんりょく)さんをお呼びして
お話とお蕎麦を楽しむ時間を作りたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーー
神田山緑『講談のくらし』
  新国亭 x のくらし
ーーーーーーーーーーーーー
会 場:新国亭 〒996-0083 山形県新庄市沼田町6−39)
入場料:3.000円 /講談&新国亭のお蕎麦付き
定 員:20名

○タイムスケジュール
 17:00 開場(受付開始)
 17:30 開演 演目2席
 19:00 終演:お蕎麦の提供
 19:45 会場へ移動(徒歩30秒)

○懇親会:万場町 のくらし〒996-0028 山形県新庄市万場町5-16
参加費:2.000円/最上のかぁちゃんおつまみと1ドリンク付
定員:20名

○お申し込み
フェイスブック参加ボタンではお申し込み完了になりません。
①名前 ②講談:参加人数 ③懇親会:参加人数 ④電話番号 
を記入の上、下記メールアドレスへご連絡をいただくか、
フォームご記入の上、折り返しのご連絡でお席の確保となります。

申込フォーム
http://urx3.nu/MJ5e

お問合せ
万場町 のくらし
〒996-0028 山形県新庄市万場町5−16
電 話:0233-29-7230
メール:nokurasi.omusubi@gmail.com

講談とはー
張り扇でパンパンと釈台を叩き威勢よく語る伝統芸能。講談師にかかれば、荒唐無稽な話も真実に聞こえる話芸の妙!水戸黄門・大岡越前・宮本武蔵・清水次郎長・鼠小僧次郎吉・・・映画・テレビ・小説の題材は講談が元ネタになっている。

神田山緑 さん
http://koudanshi.com/

Bookmark this on Google Bookmarks

カテゴリー